ホーム  産業医局HOME   >  産業医の皆様へ   >  産業医資格の取り方

産業医の皆様へ産業医資格の取り方

産業医になるには

産業医は労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識について厚生労働省令で定める一定の要件を備えた者でなければならない」と規定されています(安衛法第13条第2項)。

  1. 厚生労働大臣の指定する者(日本医師会、産業医科大学)が行う研修を修了した者
  2. 産業医の養成課程を設置している産業医科大学その他の大学で、厚生労働大臣が指定するものにおいて当該過程を修めて卒業し、その大学が行う実習を履修した者
  3. 労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、その試験区分が保健衛生である者
  4. 大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授、常勤講師又はこれらの経験者
産業医になるには画像

産業医の資格を取るために

1、地方の医師会などが主催する研修会へ参加の場合

<所定のカリキュラムに基づく産業医学基礎研修50単位以上を取得>
基礎研修の内容(50単位以上)

①入門的な前期研修(14単位以上)

  • ・総論 2単位
  • ・健康管理 2単位
  • ・メンタルヘルス対策 1単位
  • ・健康保持増進 1単位
  • ・作業環境管理 2単位
  • ・有害業務管理 2単位
  • ・産業医活動の実際 2単位

上記8項目の研修については、それぞれの単位の修得が必要です。

②実習・見学などの実地研修(10単位以上)

主に職場巡視などの実地研修、環境測定実習や映画を見るなどの実務的研修

③地域の特性を考慮した実務的・やや専門的・総括的な後期研修(26単位以上)

2、産業医科大学や自治医科大学が主催する産業医研修会へ参加
(どちらも、日本医師会の認定を受けており、また、短期間で必要な単位を取得できる)

上記カリキュラムを終えると日本医師会認定産業医の称号を付与され、認定証を交付されます。
また、この認定証は、有効期間5年間に、産業医学生涯研修20単位以上を修了した医師について更新ができます。

職務内容 産業医資格の取り方 業務時間・業務の流れ 報酬について 契約形態 契約までの流れ よくあるご質問

お電話でのお問い合わせはこちら

企業の皆様へ

産業医の皆様へ